FC2ブログ

kiraring☆ log

観劇や映画などの感想を中心として記録的に
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2012私のエンタメ生活振り返り

1月も半ばになろうとしてるが、ホントは12月にやろうと思ってた2012年の振り返りをちょこっと。

まず、テレビドラマ。
思い返すと、クールドラマはあんまりはまらずに終わったような。

大河ドラマは3回目で挫折
キャストが豪華で期待しすぎてたかも。とにかく歴史的背景が難しすぎた。

朝の連続テレビ小説は、前半フルタイム勤務から週3に変わったり、職がない時期もあり、朝のお楽しみだった。
梅ちゃん先生は、能天気さと意外と読めない展開が面白かったかも。

そして日曜日の朝のお楽しみは、仮面ライダーフォーゼ。3人の脚本家さんそれぞれが味があり、しかも学園モノ。中島かずき氏の脚本を楽しみに見始めたが、ここかしこに新感線色も感じられて、楽しかった。

3ヶ月クールのドラマでちゃんと観たのは、カエルの王女さま、最後から2番目の恋、ストロベリーナイト、ハングリー、リーガルハイ、勇者ヨシヒコと悪霊の鍵。ダントツの1位は、最後から2番目の恋。久々の秀作!!大人が楽しめるドラマだったな。

単発のドラマでは、とんび@NHK版でしょう。キャストも見事だし、脚本もよかった。親なら号泣もの。

海外ドラマは、Glee、新ビバヒル、私はラブリーガル、恋はドゥクンドゥクン、Seacret Gardenなどを観たが、どれも☆5つ!!
韓国ドラマのドゥクンドゥクンみたいに、ハッピーできゅんとなる面白いドラマ、日本でも作って欲しいな。
Seacret Gardenは、挿入の音楽も素晴らしく、話も面白かった。ヒョンビンはこういうほうがいい。

次に映画。劇場で観たのはほとんどなく、挨拶つきの映画が2本。スープと北のカナリアたち。
すっかり劇場離れしている
そのかわり、WOWOW録画や借りてきたものを観てる感じ。
家族の誰かが見ていて一緒に観たというのも多かった。
なので記憶があいまい。記録するのって大事かも。

そのかわり、たくさん読書をしたと思う。
私の中での昨年1位は「天地明察」。
ストーリーもどんどん読みたくなる内容だったし、彼の生き方から色んなことを学んだ。
番外で「青磁の人」も良かった。これも人としての生き方を考えさせられる本だった。

舞台は劇場に足を運んだもの、テレビの録画ものなど、結構観たと思う。
さんまが座長の舞台、PRESSにはじまって、BEE、シレンとラギ2回、ヘドウィグ、ボクの四谷怪談、祈りと怪物。。。これらを劇場で観た。
一番心に響いたのは、ヘドウィグだったかも。
録画モノはいまだ観れてないものもありすぎる!!!
最後まで観れなかったのは、13人の刺客。脚本が退屈。
下谷万年町物語は長くて途中寝ちゃった。。。
三谷幸喜の特集で録画してた、オケピ!とベッジパードンは良作だった。
私は三谷氏の映画より、舞台のほうが好きだな。
振り返りをして、録画してダビングしたままの舞台を消化しないといけないことが判明。
お蔵入りにしないように、ちょこちょこ消化しなくては!

こんな2012年。やっぱり、読んだり、観たりして、最終的には元気になれること。
それがエンターティメントな時間。
今年も良質の時間を求めて、日々頑張って働こうと思う。

舞台初めは、五右衛門ロックⅢだった~。もう1回観るので、そのあと感想書くぞ。
今年も記録的ブログ、よろしくお願いします。



スポンサーサイト

12年ライブ納めと13年ライブ初め


昨年は、久しぶりにライブ参戦を復活!!
こんなに楽しかったのかと、ちょこちょこ行った~。
ここにアップもしたけど、2月に斉藤和義@武道館にはじまり、ライブイベント、ロックフェス、
対バンライブ、そして最後は11月のスガシカオ@ZEPP DIVER CITY。

今から15年くらい前、山崎まさよしファンだった私はオーガスタのスガシカオも同時期に知り、
だんだんに好きの度合いがシカオちゃんに移行。
音楽ライブから離れてた時期も、シカオちゃんだけはずーっとチェックしていて、
何とか一度単独ライブに行きたいと願ってたのが、ここでやーっと実現!!
(その前は抽選でもれた)
新旧・緩急とりまぜたセトリは、今思い出してもワクワクしてくる。
さすがに激しいモッシュゾーンは避けたけど、跳ねて手を上げて楽しんだ~~~~!!

そのDIVER CITYで新年再び。
今回は、神聖かまってちゃんの単独ライブ。単独は初!!!!
またまた娘&ダンナ、そして今回は仕事のお仲間Cちゃんも一緒に。

番号は早くなかったけど、とりあえず先行だったので、わりとすんなりと真ん中のバーを確保。
はっきりいって、私とダンナは高齢者の部類だけど、30代も多し。
そして単独参戦も結構いるみたい。
小学生?中学生?くらいもいた。

YUU曰く、「ちょっとおかしな大人は好きなれるバンド」だそうだけど、
一般うけするとは思われないバンドかも。。。
ちょっと懐かしい感じのロックとジブリっぽい打ち込みやキーボードの曲、
ボイスチェンジして子供の声で歌ったり、かと思えば激しいシャウト。
歌詞も強烈な内容(死にたいとかリストカットとか・・・死ねとか)
MCもいまどきな口の悪さで、面食らう人もいるだろな。

メジャーで売れてる人のライブでは味わえない、不完全さ。青さが彼らの魅力に思う。
こーんなおばちゃんでも、わかるわかる!!と思う歌詞があったり、
綺麗なメロディがあったりする。
わかった顔で心の奥に押し込んでたような怒りの感情も、
彼らの前なら出しちゃってOKな前向きな気持ちになれる。

楽しかった~~~~~!!!!
聞きたかった曲もあったけど、ま、それはいつかのお楽しみ。
とんでもない奴等と思いきや、意外と礼儀も正しく、ファンへの感謝も忘れない。
いいライブ初めになった☆

今年もちょこちょこ行くぞ~~~~!!

ボクの四谷怪談

oth12091805020001-p1.jpg

昨年の観劇レポのやり残し。10月の前楽に観たので、もう記憶もあやふや。
橋本治氏のかなり前の脚本(脳内四谷怪談とも言えるもの)、これは舞台化されずにきたものらしいが、
それをかの蜷川幸雄氏が演出した舞台。
とにかくとにかく、キャスティングが若々しく、しかも豪華!!
「若者よ、劇場へ来たれ!!」というよなキャストに私も行きたい気持ちはやまやま。
でも、チケット発売のあたりは無職で、新しい仕事も見通しなかったので、
泣く泣く諦めてた次第。

ところがなんだか仕事も見つかったので、おまけにチケットの残席をみたら、
夢のような座席がポツンと残ってる日があるじゃないですか???
で・・・ぽちっとな・・・・。
思えば、学生が見れるような値段ではありませんよね~~~。

いろーんな感想やらはなるべく読まないように迎えた当日。
2回休憩はさんで、3時間半超え?だったかな。
通路席、しかも4列目だったので、なんだかあっという間でトイレも忘れた。

b60d73e6a794bbc46d74113e2fec7428.jpg

70年代に橋本氏が書いた(一晩で書いたとか)らしいこの舞台は、かなりはちゃめちゃ。
70年代安保の頃と原作者の鶴屋南北の四谷怪談が初演された頃と、忠臣蔵の話が錯綜して現れる。
これオープニングだったのかな。すでにわかんない。
主役は伊右門という若者で、自らの立身出世のために武家の娘お岩と結婚。
だけど、ここでのいでたちは白いTシャツにGパンで傘を売ってるさまである。

0090.jpg

この不思議な空間に面食らった。蜷川さんの芝居らしく、ずーっと脇に人がうごめいていて、
ちょっと舞台に集中できない感じも。
一応ミュージカルで、唐突に歌や踊りが入る。
それが意外と面白かった。
oth12091805020001-p3.jpg

見せ場はラストの伊右門の独白。これがまた長い・・・。
佐藤隆太君、体当たりな演技が良かったけど、えー、こんなオチ??と思う感じも。

0446.jpg

最後はこんな感じで若々しくおしまい。
音楽が鈴木慶一氏。橋本氏の詩を苦労して、さまざまな音楽と融合させたみたい。
個人的に、食事場面のラップは衝撃的!!あれはどうなのおおおおおおおおお?

かなり忘れてますね~。
個々の俳優さんについて、ちらっと。

佐藤隆太くん、彼の枠を超えない役柄だったように思った。あの独白を毎回やりきったことには感動!

栗原千明ちゃん、映像だと濃いイメージだったけど、すごく透明感あって華奢。歌がうまかった~~~~。

小出恵介くん、確かに歌はいまいちに思ったけど、ああいう役も出来るんだ!と意外だった。
このお芝居で彼を見直しちゃった。しかもすごくかっこ可愛かった☆
ちょっと照れ気味の悪役、私は好き~。

勝地涼くん、細かい演技のうまさには唸りましたよぉ~。過去の舞台にかぶる役柄で、物足りなかったけど。

勝村さん、芸達者。こんな人だったとは。

谷村美月ちゃん、パー子みたいな役!!最初本人とわからなかった。引き出し多いね~。器用!!

尾上さんはダントツで上手かった。。。。お岩の部分すごかった!!

記録って大事ですね~。ちょっとでいいから、すぐ感想をが今年の課題。
尻すぼみの感想で失礼。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。