FC2ブログ

kiraring☆ log

観劇や映画などの感想を中心として記録的に
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ たまっていた舞台の感想~その2「シレンシオ」TOP観劇 ≫ たまっていた舞台の感想~その2「シレンシオ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

たまっていた舞台の感想~その2「シレンシオ」

ちょっと遅めの夏休みを楽しんでた1週間。名残惜しい気持ちで、やっと舞台の感想その2。

04162a66ac88471fb406f2f8f997ead0.jpg

パントマイムの小野寺修二さんを中心に、首藤康之さん、原田知世さん他の「シレンシオ」という舞台を初日に観に行った。

この舞台、ストーリーはない。8つくらいのシチュエーションを、ほとんど台詞はなく、セットらしいセットもなく、6人で描いていくというものだ。
出演者もダンサーやパントマイム、女優という様々な分野である。
シレンシオ(静寂・沈黙)で、いかに表現できるか?という実験的な舞台であるように感じた。

ORG_20130703001401.jpg

だから、観てる側もイマジネーションを働かせないと成り立たない。
ふとすると、静寂の波と睡魔が・・・。正直、ちょっとそんな時間も。それくらい静かだった。

これはヨーロッパ風味というか、非常に洗練された舞台だった。
男女のこじゃれた風景とか、ファッション雑誌の切り抜きみたいにも思えた。

20130703-00000005-pia-000-0-thumb.jpg

普段演劇を観ている私にとって、すごく新鮮で贅沢な体験だった!!
とにかく、原田知世さんが年齢を感じさせない美しさとたたずまいで、その透明感だけでも観てよかった気にさせられた。

そして、なんといっても、首藤さん!!!!
この舞台は生の首藤さんを観るためにチケットを取ったのだけど、
同じ時代に生きてくれてありがとうと感謝するほど、感激。
すごーく繊細な表現と感情高ぶる表現を、身体で表せる数少ない人だと再確認。
そして、最後の最後でのダンスシーンは、しなやかで強さもあって、素晴らしかった☆
魂が洗われるような気持ちにさせられた~~~~~。

初日ということもあり、緊張感もある舞台だったけど、みなさんの舞台にかける気持ちも伝わる、
いい舞台だったなぁ~~~~~。

残念だったのは、プレイハウスの前方は段差がなくて、足元が見えなかったこと。
ぜーたくはいわないけど、踊りを見るならちょい後ろが良かったかな。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。