FC2ブログ

kiraring☆ log

観劇や映画などの感想を中心として記録的に
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 「マクベス」長塚圭史版 シアターコクーンTOP観劇 ≫ 「マクベス」長塚圭史版 シアターコクーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「マクベス」長塚圭史版 シアターコクーン

index_pic1.jpg

今年の観劇納めは「マクベス」。シェイクスピア~~~!!
悲劇として有名な芝居を、長塚さんがどう料理するのか楽しみだった。
ネタバレ満載で感想を。

まず、入場してびっくり。コスプレの人が来るような芝居なの??と思う人が2~3人。
加えて客席をとっぱらって、真ん中に八角形の舞台。それを囲む客席。
すでに役者さんらしき人が何人もいる。席の案内までしてもらった。
自分の席はサイドになるようだけど、一応特設S席だった。
上演前にまず、観客参加型と判明。リハまで行う。ちょっとワクワク。
なんていうか、大昔、シェイクスピアが上演してた頃の雰囲気を味わえる演出なのかなとも思った。

始まってみて、もっとびっくり。コスプレーヤーと思えた女性たちは、魔女役の俳優さん。
しかも、舞台にいない時は観客席にいるという。
自分の脇にはそんな幸運なかったが、すぐ斜め前がその席。おぉ!!

もっと驚くべきは、王様やら何やらが、現代風の衣装なのである。トレンチコート!!
一見するとサラリーマンに見えなくもないのだ。
そして、この芝居に欠かせない剣は出てこない。傘がそれに取って代わっている。
だから血も流れないのだ。

簡単なあらすじは、マクベスが妻と謀って前の王様、権力者などを殺害し、成り上がって王になるが、
内面外面の重圧に耐え切れず、暴政を行い、やがて貴族や王子に復讐されるというものだ。
芝居上は、肝心の暴政の部分がぼやけていて、
よくわかんなかったんだけど、他の役が話すことで説明してるのかな。

それに衣装を現代風にしたために、いまいちキャラクターがすぐつかめず、前半ところどころ眠くなった。
魔女の役割も、魔女とわかるまで時間がかかった。

マクベスは堤真一さん。妻は常盤貴子さん。
しかし、すごみを出すと、マクベスがどこかの大親分みたいにしか見えなくて残念。
ラストの立ち回りは、本当にかっこよくて見惚れた。。。はい。あれはご馳走でした。
あと、最後情けなくなっちゃう役、なんてうまいんだろ。
常盤さんとのきわどいシーンも、色っぽかったなぁ。は~~~~。
常盤さんはもうちょい、悪い感じを出せたら良かったかな。
美しさは半端なかったです。

そして、脇の俳優さんたちがもうすっごく素敵だったぁぁぁ!!!
風間杜夫氏、すぐそばにお座りになったのだけど、フェロモンが。。。。
気持ちはすぐに10代に戻って、脳内は「鎌田行進曲」流れる。
銀ちゃん。。。。(あの頃おじさんフリークで、風間さん大好きだったのです)

で、白井晃さんのダンディーっぷりに、メロメロ。
あの衣装をさらっと着こなして、さらっと演じていくなんて。
芸術家の香り、ぷんぷん。私の中では、日本のコリン・ファースと呼ばせてもらいます。


yjimageCAUGCV2F.jpg

そして今回初だったけど、横田栄司さん。
声が素敵で、顔も美しくて、外人かと思っちゃうくらい。。。
ちょっと調べたら、文学座で、しかもシェイクスピアの舞台に色々出てるというではないかい。
で、あの鋼太郎さんとのツーショ画像とか検索で出ちゃうし(確かに系統似てるけど)。
相変わらず、私って、濃いー演技のお方に注目しちゃうのだよなぁ。

さて、ワクワクの観客参加もこなし(●を閉じて下さーいって、そういや横田さんに呼びかけられたっけ)、
ななな~~~んと、の運動会さながらのラストW
賛否両論あるようだけど、やっぱりあれはないかもと私は思う。
でも、長塚さんのファンタジー的演出、結構好きなので、今回も衣装とか小物は好きだったな。
シェイクスピアにはどうか??という感じ?

ま、厳かに芝居納めということで!!



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。