FC2ブログ

kiraring☆ log

観劇や映画などの感想を中心として記録的に
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 観劇「七人ぐらいの兵士」TOP観劇 ≫ 観劇「七人ぐらいの兵士」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

観劇「七人ぐらいの兵士」

伝説の舞台って聞いていたやつを、ついに観ました。

明石家さんまさんが座長で、生瀬勝久氏と組んだお芝居は何年かおきにやるんですが、これが一番最初にやった芝居です。脚本は生瀬さん、演出は土田さんというコンビです。2000年、2001年と上演され、久しぶりの再演。

舞台は、先の大戦の中国大陸。大阪出身ばかりを集めた訓練兵の分隊での話。そこの兵隊長、木下は元漫才師。訓練中のケガで野戦病院にいったん入院し、そこで元相方の水嶋と再会する。木下は、高座に穴をあけ失踪した水嶋を恨んでいた。一方、水嶋は相変わらずのマイペースで、でまかせとウソと詭弁をつかい、何とか軍を逃げだそうとしていた。そこに慰問団がやってくるという情報が。水嶋はみんなにある提案をし、同じく脱走を考えていた兵士や他の兵士の色々な思いを盛り上げる。木下はどうにかして水嶋を殺そうとするが・・・・・・。一応ネタバレになるので、あらすじはこのくらいで。

感想。このコンビの芝居は三作目から観てますが、さんまさんなくしては成り立たないであろう芝居です。
とにかく・・・・長い。今回も3時間超えの休憩なし。
これ、生瀬さんは「極限状態において、さんまちゃんみたいな男はどうなるのか???」ということで、脚本を書いたっていう話で、だから舞台が戦争なのですよね。
なんか、あの芝居をこなすのが戦争っていう気もするくらい、出てる方も観る方もハードです。

U2A0397-e1436154920754.jpg

今年還暦には見えないさんまちゃん。恐るべき体力と思いました。
とにかく観た方はご存知でしょうが、アドリブか本通りかわからないのが、このコンビの芝居の面白さ。
お決まりのような温水さんとのネタとか、兵士たちとのやり取りとか・・・・
とにかく笑わせてくれます。かなりその、しつこいくらいに。
一緒に観た関西の友達は、八十田さんの「・・・かっ」というのが懐かしかった~~~とうけてました。
関西で観たら、また盛り上がりが違うのかも。

私は2回観ましたが、ラストがやっぱり好きです。
何度も鏡を見て練習しましたよねっっていうくらい、二人の後姿がかっこいい。(特にさんまちゃん)
ハリウッド映画のラストみたい。

MG_0568-e1436154977230.jpg

片岡という役はWキャストで両方観ましたが、中尾くん、今回の設定としてはぴったりだったなと思いました。(年齢的なもの)お笑い作家を目指す若者というところは、惠だと、ちょっと違和感。
ただ、さんまちゃんとの絡みは惠のほうがさえてたかな~。中尾君は耐えられずに笑っちゃってるところあり。

戦争を真正面からではなく、普通にくらしてる普通の人々がどうなってしまうのか。そして、戦争という極限状態でも、お笑いがあるということで人々が救われるということ。おふざけだけでなく、ピシッと言いたいことは伝わるいいお芝居でした。
これを再演するにも限界があるから、さんまちゃんが還暦のこの年にしたのか、今だから上演したのか、それは定かではありませんが、やっぱり、お笑いも表現する人も、何かしらの思いを抱えてこの上演を決めたんじゃないかなと、観ていて思いました。

生瀬さんの短髪、なかなか良かったです。久々の三列目も良かったです。
あと楽しかったのは、さんまちゃんとの鉄砲の場面、最初に観た日の肝心のラストでこけたとこ。

2回目のカテコが1回だったのか、27時間テレビがあるからかな?ちょっと残念でした~。





Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。