FC2ブログ

kiraring☆ log

観劇や映画などの感想を中心として記録的に
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 観劇「阿弖流為」の感想TOP観劇 ≫ 観劇「阿弖流為」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

観劇「阿弖流為」の感想

ateruifl_201507_b_convert_20151228210821.jpg

年末恒例となってしまった、まとめての観劇の感想。今年後半戦。

チケット代の高さに悩んだのですが、結局観に行って良かったと本当に思いました・・・・・。
劇団☆新感線の「アテルイ」に出演し阿弖流為役をした市川染五郎氏が、これは歌舞伎でやれるんじゃないかと、
長年温めてきた構想で生まれたもの。
坂上田村麻呂が蝦夷征伐をした時に、蝦夷の民を束ね朝廷軍と戦ったという伝説の軍事指導者、阿弖流為の話をベースに作られた作品。
新感線では坂上田村麻呂を堤真一、立烏帽子と田村麻呂の恋人が二人の女性でした。
歌舞伎では田村麻呂を中村勘九郎、立烏帽子・謎の女は一人二役で七之助という感じに設定を若干変えてました。

かえって、新感線の舞台を観てなかったから、なんの先入観もなく、歌舞伎として楽しめたのが一番の感想。
殺陣は普通にかっこよかったし、魅せたいところを切り取って、見得として魅せるから、その場面がさらに際立つ!!
歌舞伎特有の黒子とかが新鮮な演出となり、セリフ回しも違和感ない。
新感線の笑いの要素も、しっかりと入れ込んであって、そしてなんといっても、かずきさんの脚本の一番好きなところである、
青春、出会い、そして別れってやつがきちんと描かれたドラマになってました。

img_0.jpg

実はこの日、久しぶりに会ったママ友時代からの観劇仲間と始まる前におしゃべりしてたら、「ちょっと静かにしてくれないとアナウンス聞こえない!」と言われて若干へたってました。(私よりも周りの方がうるさかったんですよね~~~)
楽しめるかなとちょっと不安もあったにもかかわらず、すぐ解消。
花道横で、染五郎と勘九郎の掛け合い。。。あれは良かった!!!!

染五郎は若干重さを感じる殺陣だったけど、リーダーとしての阿弖流為の激しさと成長を演じられる俳優としての大きさがあったと思います。これは年齢を重ねての姿ですね~。勘九郎君に胸をかす阿弖流為って感じで素敵だった~~~。
勘九郎君は若さあふれる殺陣を見せてくれて、ワクワクしました。
七之助君、あでやか!!!所作の全てに見惚れ、声にうっとり。お見事です。

後日、新感線のDVDを観ました。
これは全く別のものとして楽しまなくちゃいけない作品だなと思いました。
ただ、熊の扱われ方は、歌舞伎の方がいい!!!!
そして、いっけいさんの存在も大きいのですよね~~~~。

来年は映像化されて劇場で観れるようです。
また阿弖流為の世界に来年もひたろうかなぁぁ。











Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。